只今BBHにうつつをぬかしてアイマスサボり中(爆) サッカーと特撮は毎週欠かせません!!
お越しいただきましてありがとうございます!
もはや更新したら雨というより雪が降ってくると思ってください(爆)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてと、宣言通り、今週の日曜日からからスタートした「仮面ライダーカブト」についての感想等を書いていこうと思います。ちょっとした息抜きも兼ねて(笑)
今回の仮面ライダーカブトは仮面ライダー生誕35周年記念作品と言うことで、平成ライダーもこれで7作品目。平成ライダーシリーズがこれほど長く続くとは思っても見ませんでした。いや純粋に嬉しいですけどね(笑)
ちなみに30周年記念作品は仮面ライダーアギト。
今回のカブトはそのアギトのようにシリアス路線でお話が展開されていきそうな感じですね。で、アギトや龍騎、555のような物語の謎が次々と解き明かされていくようなスタイルになりそうな感じですかね。

第1話ということで、気合入りまくりの回で、素晴らしい出来でしたね!映像も今まで以上に綺麗でした。これもハイビジョン放送が始まったおかげですか?
とりあえず簡単に1話を見てわかったカブトの世界観とかを。
7年前に隕石が渋谷に衝突。それだけで済めばよかったが、宇宙からの落し物はそれだけではなかった。それを機に「ワーム」と言う怪物が現れるようになったのだ。そのワームに対抗するため組織(されたと思われる)「ZECT」(ゼクト)。そのZECTの戦闘部隊「ゼクトルーパー」で対抗するも、ワームは「脱皮」して、「クロックアップ」という人の視覚では捕られない超高速行動をするために苦戦を強いられる。そんな中、ZECTの秘密兵器「マスクドライダーシステム」が完成する。そのシステムがあればワームのクロックアップにも対抗できるという。ZECTのメンバーの一人、加賀美がそのシステムを使わせて欲しいと懇願するが、リーダー格の田所によると、既にシステムの適格者が決まっているらしい。そんな中、再びワームが出現。苦戦するゼクトルーパー部隊。もう1度システム使用を申し込む加賀美に田所は使用を許可する。そして加賀美がシステムを使おうとしたその時、加賀美がひったくりに会ったときに「天の道を往き、総てを司る男」と、威風堂々と名乗りを上げた天道が、まだ存在するはずもないもう1つのライダーシステムを持って再び現れ、加賀美の前で変身!そしてゼクトルーパー部隊が圧倒されていたワームをいとも簡単に倒してしまう・・・
といった感じですかね。
[天の道を往き、総てを司る男!]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。