只今BBHにうつつをぬかしてアイマスサボり中(爆) サッカーと特撮は毎週欠かせません!!
お越しいただきましてありがとうございます!
もはや更新したら雨というより雪が降ってくると思ってください(爆)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というわけで、思いつきだけで描いてしまった(笑)

起!

結!





・・・みなさんはこのような結末を迎えませんように(笑)
スポンサーサイト
夜にニュースを見ていると、スポーツコーナーでなにやら今日サッカー日本代表の新ユニフォームが発表されたそうで、取り上げられていた。
今回のデザインコンセプトは「日本刀」らしい。
まぁ、富士山とかよりはいいと思いますけどね。

で、その新ユニフォームの初見の感想は・・・
トータルで見たときはあのデザインはカッコイイと思います。
が、個別で見ると気になるところが・・・

ナンバーのデザインが

かっこ悪い!!

と、思うんですが。最近流行の○の中に数字が入ってるタイプのナンバー並みに。しかもそれが右胸についているからたまりません(笑)目立つんだよねあの位置にあると。
ユニフォームのレギュレーションはよく分かりませんが、(某代表はレギュレーションに引っかかってましたが(笑)
最近はシンプルなデザインのユニフォームが増えてつまんないです。昔の方が意欲的なデザインが多くて好きだったなぁ~(遠い目)

まぁ、今感じてる違和感も結局はそのうち慣れるんだろうなぁ。
今回ユニフォームのモデルとしてFC東京から土肥と今野。そしてわざわざマルセイユから中田浩が呼ばれていました。
さて、この3人で今のところ実際にW杯に着ていける選手がいるかと言われると・・・難しいですね(笑)中田浩が今のところ行けるかな?というボーダーライン上で、今野はこれから呼ばれるかわからない。んで土肥はGKというポジション上、一番メンバーを変えづらいので、川口か楢崎のどちらかが怪我でもしないときついでしょう。そんな事を考えてしまって、なんでこの3人だったんだろう?感が強くなってしまいました(笑)

最後にちょっと日本代表ユニフォームの謎を。代表のユニフォームは基本的に国旗のカラーを使われているんですが(国旗のカラーを使ってない例といえばイタリアやオランダ)、じゃぁ何故日本は青を基調としたユニフォームなのか?自分は90年代に入ってから(正確にはアメリカW杯予選の時から)サッカーを見始めたんで知らないんですが、昔は青、白、赤の3種のいずれかを基本色にその時の監督が色を決めて変えていたらしいです。じゃぁ、青が定着したのは?これにはいろんな説があるんですが、同じアジア圏の韓国がすでに赤を使っていたからとか、ベルリンの奇跡を果たした時に着ていたのが青ユニフォームだったからその縁起を担いでとか(ちなみに赤の時は悪かった)、日本が海に囲まれてるからその海のイメージをもらって青だとか・・・結局真相ははっきりしません(笑)どうもどの説も間違いではないらしいんで。ちなみに自分が初めて聞いたのは韓国が赤を使ってたからと言うものでした。で、はっきりわかってるのは90年代に入ってようやく青で固定化されたみたいです。
意外と日本代表の青の歴史は長いようで短いのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。